パソコンが起動しないなら|ハードディスクのデータ復旧を試みよう

男性と女性

大容量のデータを送るなら

システム

アップロードで簡単送信

ビジネスで作成したデータを相手側に送りたいときには、メールに標準で付属している機能の『添付』を利用すれば、簡単に届けることができます。小さな容量のデータ送信なら、メールを使えば充分なので、使い勝手の良いソフトウェアを探すと良いでしょう。しかし、ビジネスとして容量の大きなデータ送信する必要があるのならば、メールで送るのはやめておいたほうが無難となります。それは、相手側のメールボックスには容量が設定されている場合も多いですし、回線が遅ければ他の作業を圧迫してしまうからです。それでは、相手側のビジネスを邪魔することにもなりますので、大きな容量を届けたいならば、しっかりと工夫をして送信をおこないましょう。しかし、工夫をするといっても、直接データを配達するのでは手間がかかりすぎますので、外部のデータ送信サービスの利用をお勧めします。そのようなサービスと契約すれば、オンライン上にアップロードという形でデータ送信がおこなえるため、ボックスを圧迫するデメリットがなくなります。相手側は通知されたアドレスにアクセスして、ダウンロードするだけなので、利用方法も簡単といえるでしょう。なお、データ送信サービスは個人で利用できるシステムと、法人で利用するためのシステムがあります。データは会社にとって、とても大切なものなので意図せずに社外への情報漏洩とならないためにも、契約するときには必ず法人用のサービスを利用しましょう。