>Column>生活を脅かす厄介な害獣駆除はプロにお任せする

生活を脅かす厄介な害獣駆除はプロにお任せする

散布機

日本には害獣と呼ばれる生物が何種類も生息しており、畑を荒らしにくるイノシシやモグラや、病原菌を運んでくるネズミやコウモリなどがいます。現在では都市部でもコウモリやネズミによる被害が増えており、近くに森や山がないという家庭でも、害獣が自宅の中に巣を作ってしまう事も珍しくありません。もし害獣を自宅の中で見かけるような事があったら、すぐにでも害獣駆除を依頼しておかなければ、感染症を発症する可能性もあるので注意をしてください。気付かないうちに害獣の糞の欠片などを吸い込んでしまい、感染症を発症して何週間も仕事ができなくしまったという、辛い経験をした人も少なくないです。アライグマなども犬や猫を襲う事がある害獣として扱われており、見た目が可愛らしいからといって気軽に餌を与えないようにしてください。

住宅の内部に害獣が侵入してしまった際に恐ろしいのが、寝ている間に身体の一部を噛まれてしまい、病原菌が体内に入り込んでしまう可能性があるという事です。ネズミなどの害獣に噛まれてしまったせいで、皮膚の一部が腐敗して切除する事になってしまったという人も少なくありません。害獣が台所などに置かれている食べ物をかじってしまい、それに気付かずに食べ物を口にしたところ、感染症を発症したという例も多いです。一匹か二匹ほど害獣を見かけたけれど、まだ害は出てないので放置しているという家庭は、すぐにでも害獣駆除を依頼しておく事をおすすめします。害獣を放置していると大量に繁殖してしまい、周囲の住宅にまで迷惑をかける事になりかねません。

男性